司法に関する調査研究の助成、裁判記録の謄写(複写)、法律書の刊行及び販売、録音反訳(テープ起こし・録音データの文書化)を行っています

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

一般財団法人 司法協会

お電話でのお問い合わせ 03-5148-6524

東京都中央区築地1-4-5 第37興和ビル7階

本文のエリアです。

録音反訳(テープ起こし)

サービスの概要

お客様から各種録音媒体をお預かりし、弊協会にて録音の内容を文字入力し、文書ファイル化して納品いたします。なお、現在のところは動画には未対応です。

反訳コース

下記のコースからお選びください。反訳作業開始後のコース変更はできません。

標準(ケバ取り)
料金:標準料金
録音されている言葉のうち「ケバ」(「あー」「えー」など無意味な音、口癖の「要するに」「ですね」などの無機能語、言い直したときの言い直し前の発語など)を取り去ったもので、録音の雰囲気を残しつつ、読みやすい文章になります。
簡裁録音体
料金:標準料金
簡易裁判所記録(人証調べ録音体)の反訳は、宣誓等を除いた尋問部分のみを、ケバ取り処理をし、裁判所の調書と同じ体裁の一問一答形式で反訳します。
完全逐語
料金:逐語料金
文章としては読みにくくなりますが、ケバ取りはせず、聴取できる発語をできる限り文字化します。

 

基本料金

料金は録音時間1分ごとの計算です。標準料金は1分につき280円、逐語料金は1分につき330円です。秒単位の端数は切り上げとさせていただきます。ただし、録音時間20分以下の場合は一律20分と計算します。

早見表

  標準料金/逐語料金
~20分 5,600円/6,600円
30分 8,400円/9,900円
60分 16,800円/19,800円
120分 33,600円/39,600円
180分 50,400円/59,400円

 

有料オプション

反訳書データCD-ROM(Word又は一太郎形式で収録)の作成は1枚につき320円,音声CD-ROM(お預かりした音声をPC用デジタルデータに変換した音声を収録)の作成は1枚につき540円です。

簡裁録音体・完全逐語コースを御注文の場合、Eメールでの納品後、御依頼に応じて印刷した反訳書に弊協会の協会印を押印し、改変不可な形での認証製本、再納品もいたします。製本1冊につき1,080円です。

納品・納期

Eメール添付にて反訳書データ(Word又は一太郎形式)を納品いたします。Eメール環境のないお客様は御相談ください。お客様からお預かりしていた録音媒体や資料等は、納品後に御返送いたします。
納期の目安として、90分の録音データをお預かりした場合、中9日で納品いたします。(15時以降のお預かりは翌営業日起算となります)。10日後が土・日・祝日の場合は、翌平日の納品となります。なお、録音時間の長短、録音状態により納品日は前後いたします。

※お急ぎの場合は特急納品の御相談もお受けいたします。(料金は基本料金+2割~3割)

支払方法等について(特定商取引法に基づく表記)

お申込み方法

注文書に必要事項をご記入のうえ、録音媒体、資料等を同封し、下記問い合わせ先までご送付ください。

お問い合わせ先

住所 〒104-0045
東京都中央区築地一丁目4番5号 第37興和ビル7階
名称 一般財団法人司法協会 録音反訳事業部
電話 03-5148-6526
FAX 03-5148-6531
e-mail rokuhan@jaj.or.jp

 

ページトップへ